過熱する首都圏の小学校受験の魅力

近年、続々と新しい小学校が開校されたりと、選ばれた家庭だけが通えると言われていた昔に比べると間口が広くなってきたように思えます。その分、受験を考える一般の家庭も年々多くなり益々過熱してきています。一口に小学校受験と言ってもその役割には種類があります。まず多くの人がイメージする大学附属の小学校で伝統校ですが、大学までエスカレーターです。他、あまり聞いたことがない学校だけれど、倍率も高くはなく、将来的に高校まで内部進学した時に大学受験をサポートしてくれる学校。そして、中学受験で多くが出て行ってしまうが、中学受験をするためのサポートをしてくれる受験小学校と言われる私立小学校など色々あります。各家庭の方針によって選択することができるのが、小学校受験の魅力の一つと言えるでしょう。

中学受験を支える受験小学校のメリット

中学受験を目指す家庭が学力面と環境のサポートを受けることを目的に受験するのが、受験小学校と言われる私立小学校です。倍率も有名附属小学校と比べると低く、中には幼児教室に通わなくても合格できる私立小学校もありますので、一般家庭には一番手の届きやすい私立小学校です。ただ、こうした学校に入学する家庭は、とても教育熱心であることから、お勉強に力を入れて早くから塾に通い出している子供達ばかりです。小学校では、中学受験で有名私立中に合格できるように、授業の内容も工夫されていたり、6年生では受験勉強に支障がないよう、塾に間に合うような時間割設定にしていたり、学校行事も受験に影響のないよう配慮されています。こうした環境から、普通に公立小に通うよりも中学受験には有利と言えるので、幼い内から中学受験を決めている家庭にとってはメリットばかりです。

大学附属の小学校はエスカレーターがメリット

所謂伝統校に入りますが、将来的には濃い人脈が形成されることになるので、企業の創業者の家庭や著名人の家庭は、この繋がりに魅力を感じ、幼児教育にも一般家庭がかけられないくらいのお金をかけて受験に挑むことになります。苦労を乗り越えて無事に入学を迎えることができれば、大学まで一度も受験をすることなく、内部進学で大学まで進むことができます。長いこと好きなスポーツや趣味に打ち込むことでプロ級まで極めることができたり、友人関係も小学校からの付き合いになりますから、家族ぐるみで深い繋がりができます。そうした私立小学校の中では、系列の大学の中に医学部がある附属の学校ですと有利でもあるので、エスカレーター―の附属校に入学できることはメリットがたくさんあります。

乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 名門小学校受験なら伸芽会