こんなにメリットが満載!小学校受験をさせたい理由

「親の受験」とも言われる小学校受験では、その言葉通り志望校を決めることから始まり受験当日まで親が子供の勉強のすべてのスケジュ-ル管理から、塾への送り迎えなどをしなければなりません。まだ幼稚園に通うような幼い子供に受験教育を施すのは大変な大仕事だと言えますが、それでも年々私立の小学校に進学することを希望する家庭は増え続けています。
中学校までは義務教育で公立の学校に通わせることもできるのに、敢えて高い教育費を負担することになる私学に入学させたいというのには、小学校から私立の学校に入学させることにはたくさんのメリットがあるからにほかなりません。経済的な事情が許せば親ならば我が子にできるだけ素晴らしい環境を与えてあげたいと思うのは当然のことではないでしょうか。

一貫教育で伸び伸びとした学校生活を

小学校受験をさせたいという親のほとんどが受験をさせる理由のひとつに「エスカレ-タ-式で高校ないし大学まで進級できる学校ならば、小学校のうちに受験を終わらせてしまえば、あとは受験勉強に煩わされることなく伸び伸びとした学校生活が送れる」ということを挙げています。確かに私立の学校は設備が充実しているので、子供が興味のある分野の勉強やスポ-ツを整った環境の中で心ゆくまでやり遂げることができるでしょう。
それから、高校や大学まで内部で進級できる学校の場合、小学校からの友達は基本的に一緒に中学、高校と進学することになります。長く付き合える一生の友達に出会える機会に恵まれるということもメリットのひとつです。私立の学校では同じような家庭環境の生徒が入学することが多いので、価値観の合う仲間と学生時代を過ごすことができます。

子供のモチベーションを高めるために

しかし、小学校受験にはメリットだけを考慮するのではなく、注意しなければならないこともあります。まだ小さい子供が、電車に乗ってひとりで通学しなければならないなど、入学後の子供の負担ということも受験を決める前に考えておきたい部分です。実際に学校に通うのは子供なので子供の気持ちを1番に考えることが重要です。子供自身が「この学校に行きたい」と強く願うことで、勉強に対するモチベ-ションを挙げることが可能になるのではないでしょうか。そのためには、運動会や学芸会など可能な限り志望する小学校の行事を子供と一緒に見学に行くという方法があります。子供が自分で気に入った学校に入学することで、小学校1年生から始まるこの先長い学校生活に向けて、最善のスタ-トを切ることができるはずです。